出戻りSEとフィリップの楽しい毎日

ごく普通のSEの育児とお仕事の日記 たいしたことは書いてない

保活デッドレース 後編

コンシェルジュからの電話を受け取ったq。

話は下記のような内容でした。

コンシェルジュ「大変厳しい状況ですので、見学に行かれる園を増やして、なるべくたくさん希望に書いてください。」

コ「あわせて認証園も検討してください。A園、B園は定員に余裕があるそうです」

コ「あと子連れ出勤も検討してください。K市の認証園に定員の余裕があるようです。ただ、利用料が結構かかってしまうんですけど…」

などめちゃくちゃ親切に案内してもらいました。

21時ごろの電話だったのに1時間くらいあれこれ相談に乗ってもらいました…あの時のお姉さん本当にありがとう…

東京在住の友人に聞くと「区ごとに情報バラバラでどこのどんな園に空きがあるのか自分で全部調べなきゃいけないからうちもコンシェルジュほしい」と言ってました。

この点は非常にラッキーでした。

 

追加で認可5園、認証1園(B園、A園はすでに見学済)を見学し、役所で申請内容を更新。

 

認可は役所が取りまとめますが(自治体によりルールはまちまち)、認証園はそれぞれが独自の方法で入園児を決めています。

人気の園だと10月には入園申し込みを締め切っていたり。前編でも書きましたがほとんどの認証園に見学すら断られる有様です。

A園は3/1の朝7時から電話で申し込みを受け付けます、先着順です。というある意味シビアな対応でした。

3/1は6時に起きて、7時きっかりに保育園にコール…なかなかつながらない。ネットが普及する前の時代にライブのチケットをとるためチケットぴあに電話かけてる気分でした。しかし幸い、10分ほどして電話がつながりました。

認証園を抑えられた! 園庭はないし、小さいし、3歳までだけど、内定した会社で働ける!! ここで漸く安眠できる日が到来。会社との打ち合わせでもウキウキで報告できました。

 

それから2週間後。認可保育園の調整結果が郵送で到着。

どうせ無理でした~~だろ~~~と思ってオープンしたら…まさかの第8希望で、認証A園の向かいの大規模認可保育園に内定。

 

まじかよ…

 

ちなみに認証A園も、内定の出た認可園も、乗り換え含む数駅先と少々遠方。認可の方が近ければ認可一択ですが、より近い園に通いたくなったときの事を考えると戦略を練る必要が出てきます。

 

認可保育園の入所基準は自治体によりまちまちですが、Y市の場合は簡単に書くと下記のとおり。

①仕事の時間や家庭の状況により、保育の必要性に応じてA~Eまでランク付け

②希望園ごとに入園希望者をグルーピングし、その中でランク順に入園

③同ランクで並んだ場合に加点・減点(例えば兄弟児加点、祖父母の協力がある減点)で調整

 

加点、減点の基準は自治体により本当にまちまちで、居住年数や年収を見るところもあります。Y市も書いてないだけで見ているきがしないでもない。

 

認証A園は0~2才までしか通えませんが、卒園すると5ポイントの加点が付きます。私の場合時短なのでランクBの中でしか戦えませんが、ランクB内だと有利となります。

ただ保育園激戦区と言われるT区。立地の良い園はランクAの方で埋まっている可能性大。

保活中にも、認証園や小規模保育を卒業して認可保育園に入るため見学しにきているお母さんたちに会いましたが、3才児での入園も相当厳しいそう。(やっぱりコンシェルジュから電話が来たそう)

 

結局我が家は、認可保育園に通わせることにしました。ちょっと遠いけど、間違いなく5歳までは通うことが出来る。安全パイを選んだ形です。

決まらなかった人もいるなか贅沢な悩みだったと思います。役所の方も精一杯調整してくれたんだなと感じることができました。

 

保育園絡みの怖いニュースを時々目にする今日この頃ですが、T区に関していえば認可、認証、認可外どこもそれぞれ独自のポリシーで質の高い保育をしていたなと感じました。…いや、正直、認証園ではちょっとここはってのはあったけど、それは設備面であって、先生達の対応なんかはお散歩風景を見ても良い感じです。

 

思いついたことを整理せずにダラダラ書きましたが、言いたいことは

「保育園が決まらないからって、動く前に諦めちゃだめだな」

ってことです。

ハロワでも、転職サイトでもなんでもいいので就活から始めてください。

一時保育に登録して時間を確保してください。

内定を取らないうちは絶対に認可は入れないと思います。うちの場合は、求職中のランクは最低の「G」です。

 

 

月10万くらいかかる認可外で会った、似た境遇のあのお母さん、そこまでの覚悟があったのだから、今頃どこかではつらつとお仕事してるだろうな~。